BE:FIRST

ビーファーストがMステに出れない理由!ジャニーズの忖度だけじゃない?

ビーファーストがMステに出れない理由!ジャニーズの忖度だけじゃない?
スポンサーリンク

ここ数年ボーイズグループ戦国時代と言われるほど、多くのボーイズグループが活躍をしています。

ビーファースト(BE:FIRST)も同様に今年11月にデビューを果たし、既に様々なメディアにも露出をしています。

特にプレデビュー曲の時点で幾つかの歌番組に出演をし、パフォーマンスを披露してきましたが、唯一気になることにМステにだけは未だ出演をしていません。

そこで今回はビーファースト(BE:FIRST)がなぜМステに出演できないのか?ジャニーズへの忖度?もしくはそれ以外の理由があるのか?考察をしてみました。

BE:FIRST TVはこちらから

※2週間以内の解約なら一切費用0円

 

スポンサーリンク

ビーファースト(BE:FIRST)は人気ない?

そもそも人気のあるアーティストであれば、Мステを始めとした歌番組に出れるのではないのでしょうか?

Мステに出演できないということは、もしかしてビーファースト(BE:FIRST)は人気がないのでは?と思う方もいると思います。

そこでまず、ビーファースト(BE:FIRST)が人気があるのか?調べてみました。

ビーファースト(BE:FIRST)はイケメンがいない

ビーファースト(BE:FIRST)の人気について調べてみると、ちらほらとアンチコメントを見つけてしまいました。

  • イケメンがいない
  • K-POPによせている
  • ファン(BESTY)の常識がない

などといったコメントを見かけました。

特に初めてビーファースト(BE:FIRST)をテレビなどで見た人は「イケメンがいない」「ブサイク」といった感想を抱くようです。

日本ではまだボーイズグループと言えば、イケメンがいることが常識であり、パフォーマンスよりもビジュアル重視が強い印象です。

しかしビーファースト(BE:FIRST)のプロデューサーであるSKY-HIさんは、そもそもビジュアルではなく、パフォーマンス力や創造力を重視してメンバーを選んでいます。

そのためイケメンが少なくても仕方のないことですよね。

ビーファースト(BE:FIRST)はアイドルではなく、アーティストであることがいまいち浸透されていないことも「イケメンがいない」「ブサイク」といったコメントを増やしてしまう原因かもしれませんね。

K-POPによせている

またビーファースト(BE:FIRST)が「K-POPによせている」と批判的なコメントもありました。

確かにプロデューサーであるSKY-HIさんは、日本の音楽業界に危機感を持ってオーディションを立ち上げ、少なからず韓国のボーイズグループを意識してビーファースト(BE:FIRST)を結成したと思います。

それにも関わらず、ビーファースト(BE:FIRST)がK-POPによせていたらアンチのコメントが増えるのは仕方のないことかもしれませんね。

しかし現在のボーイズグループのトレンドが、K-POPであり、K-POPの様なメイクやファッションによせるのはトレンドを取り入れているという意味で当然のことですよね。

アジアから世界に向けて発信していくのであれば、注目度を高めるためにもK-POP要素も多少必要になってくるかもしれませんね。

ファンの常識がない

ビーファースト(BE:FIRST)のアンチコメントには、ファンであるBESTYの常識が足りないといったものもあるようです。

ビーファースト(BE:FIRST)のファンは連日SNS上でも激しく盛り上がっており、ツイッターではビーファースト(BE:FIRST)がメディアに出演したり、メンバーの誕生日がある度に「タグイベント」が開かれています。

ツイッターのトレンドにはビーファースト(BE:FIRST)関連のキーワードで埋め尽くされることもあるほど。

このような状況に他のグループのファンの方はもちろん良い気がしませんよね。

ビーファースト(BE:FIRST)はまだまだデビューしたばかりのグループであり、ファンの方もまだまだどのようにグループを支えていけば良いのか分からない状態です。

これからビーファースト(BE:FIRST)もファンも、多くの人から愛される存在になってほしいですね。

認知度が高いだけにアンチも多い

ビーファースト(BE:FIRST)の人気について調べたところ、アンチのコメントもありますが、それ以上に彼らの実力を絶賛するようなコメントが沢山ありました。

特にベストヒットアーティスト2021やベストヒット歌謡祭、ミュージックブラッドなどの歌番組でパフォーマンスをした後は、彼らのパフォーマンス力の高さにネット上は盛り上がっていました。

ビーファースト(BE:FIRST)は歌番組を含め、既に沢山の番組に出演をして話題になっています。

それだけビーファースト(BE:FIRST)は多くの方に認知されているので、アンチも少なからず出てきてしまいますよね。

しかしビーファースト(BE:FIRST)のアンチよりも、大絶賛している方が多いのは事実なようです。

ビーファースト(BE:FIRST)がMステに出れない理由3つ!

ビーファースト(BE:FIRST)の人気については、ビジュアルが良くない、K-POPによせてる、ファンが非常識などのアンチはいるものの、それ以上に絶賛している人が多いことが分かりました。

この人気っぷりを見ると、人気の有無がМステに出れない理由にはならなそうです。

そこでなぜビーファースト(BE:FIRST)がМステに出れないのか調べてみたところ、3つの理由が考えられるので紹介していきます。

Мステとジャニーズの関係上出演できない

Мステについて調べてみると、実はジャニーズ事務所と親密な関係があることがわかりました。

Мステは1986年から始まった歌番組ですが、番組が始まった当初歌番組として人気になるのに苦戦をしていたようです。

そこでジャニーズ事務所の協力を下に、毎回ジャニーズを出演させることにより盛り上げていったと言われています。

それは現在にも継続されており、Мステには必ずジャニーズのグループが一組以上参加することになっているようです。

ジャニーズのグループのほとんどはダンスを踊りながら歌をうたう、ダンス&ボーカルグループです。

さらに言うと、ジャニーズのファン層は女性がメインであり、そのことからもジャニーズのグループはビジュアルも重視しているのが特徴かと思います。

ジャニーズ事務所としても、自分の事務所のアイドルとスタイルが被る様なグループを、同じ番組内に出演させるのはさけたいわけです。

ビーファースト(BE:FIRST)がМステに出演できない理由として、ジャニーズが毎回出るМステに、似たようなスタイルであるビーファースト(BE:FIRST)は出演させられないというジャニーズ事務所の意向があるからと考えられます。

このような理由でМステに出演できないアーティストは他にもいるようです。

例えば、ビーファースト(BE:FIRST)よりも先にデビューをしたJO1も、今かなり人気のあるダンス&ボーカルグループですが未だにМステに出演することが出来ていないようです。

さらにDa-iCEも今年「CITRUS」という楽曲が大ヒットしたにも関わらず、Мステに出演することはありませんでした。

しかし同じダンス&ボーカルグループのEXILEに関してはМステに出演できています。

EXILEに関しては、ジャニーズとは系統が異なるということで出演可能になっているのでしょうか?

このようなМステとジャニーズ事務所の関係が本当であれば、今後もビーファースト(BE:FIRST)のМステ出演は難しそうですよね。

元ジャニーズは出演できない

今までに、人気があったクループにも関わらず、Мステに出れないグループを調べてみるとAAA(トリプルエー)ONE OK ROCKの名前がありました。

AAA(トリプルエー)に関しては、男女混合のグループであり、ジャニーズとは全く異なる系統だと思います。

紅白歌合戦にも7度も出場しているグループにも関わらず、Мステには1度しか出演していないようです。

またONE OK ROCKも日本のみならず海外でも人気のグループで、バンドであるためジャニーズとは被らないと思うのですが、一度もМステに出演していません。

何故だか考えてみたところ、この2グループの共通点に元ジャニーズがメンバーに含まれていることがありました。

AAA(トリプルエー)の日高光啓(SKY-HI)さんは元ジャニーズジュニアです。

ONE OK ROCKのTakaさんも元ジャニーズジュニアです。

やはり元ジャニーズジュニアはМステに出演できないのでしょうか。

これが事実であれば、AAA(トリプルエー)の日高光啓さんが社長を務めるBMSGのアーティストであるビーファースト(BE:FIRST)はМステには今後も出演が難しそうですよね。

またビーファースト(BE:FIRST)のデビュー曲の「Gifted.」の振り付けを担当した有働真帆さんも元ジャニーズジュニアと言われていますから、尚更ビーファースト(BE:FIRST)のМステ出演は無さそうですね。

しかし以前SKY-HIさんの投稿で、ジャニーズ事務所との関係性が悪いとは思えないようなものもあったようですし、SKY-HIさんはジャニー喜多川さんに感謝をしているようです。

さらにМステのスポンサーにも、SKY-HIさんが所属するavexがついていますので、今後のビーファースト(BE:FIRST)のМステ出演も期待できるかもしれませんね!

Мステの放送時間上出演できない

ビーファースト(BE:FIRST)のМステに出れない理由を、ここまでは表立って言えない事情、いわゆる大人の事情ではないかと考察し紹介をしてきました。

しかしビーファースト(BE:FIRST)が今の時点ではどうしてもМステに出れない明らかな理由が1点あるので紹介します。

それは、ビーファースト(BE:FIRST)のメンバーであるリュウヘイさんが15歳であるから!です。

リュウヘイさんは労働基準法からすると、どうやら21時までしか仕事をしてはならないようです。

※2022年4月以降、RYUHEIは高校生になり21時以降も出演可能になったようです。

そしてМステは2019年10月からそれまでの20時~の放送時間を21時~に変更となりました。

要するに21時から22時までの放送時間であるМステにビーファースト(BE:FIRST)は出演できないということになります。

大人の事情によりビーファースト(BE:FIRST)がМステにでれないということも考えられますが、今の一番の理由としては、Мステの放送時間の年齢制限に引っかかるからかと思います。

リュウヘイさんが18歳になれば、そのような制限はなくなると思いますので、3年後に日本で最も有名な歌番組Мステに出演できるのかどうかが楽しみですね。

スポンサーリンク

ビーファースト(BE:FIRST)がMステに出れない理由!ジャニーズの忖度だけじゃない?|まとめ

ビーファースト(BE:FIRST)がMステに出れない理由!ジャニーズの忖度だけじゃない?について紹介しました。

  • ビーファースト(BE:FIRST)は注目されている分、アンチも多い
  • ビーファースト(BE:FIRST)の実力と人気は確かで、Мステに出れない理由にはならない
  • Мステはジャニーズ事務所と深い繋がりがあり、ジャニーズに似たグループは出演できないのでは
  • 元ジャニーズのSKY-HIが社長のBMSG所属のアーティストはМステに出演できないのでは
  • ビーファースト(BE:FIRST)のリュウヘイが15歳であり、21時から放送のМステには現時点では出演できない

以上、ビーファースト(BE:FIRST)がMステに出れない理由!ジャニーズの忖度だけじゃない?についてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

BE:FIRST「BE:FIRST TV」が2週間無料見ることができます。

BE:FIRST TVはこちらから

※2週間以内の解約なら一切費用0円!

スポンサーリンク