ドラマ

コントが始まる 3話 感想と考察~真面目に頑張る人ほどしんどい

コントが始まる 3話 ネタバレ感想と考察~里穂子はある意味救いようがない
スポンサーリンク

コントが始まる 3話 感想と考察~真面目に頑張る人ほどしんどいと題して紹介していきます。ネタバレも含まれますので予めお気をつけ下さい!

3話はコント「奇跡の水」。里穂子(有村架純)が退職に追い込まれてから復活するまでと春斗の引き込もりの兄の深~い話でした。

かなり深い話で感動すること間違いないストーリーでしたので、じっくりゆっくり3話を見られることをおすすめします!!

 

コント「命の水」が生まれたキッカケは、兄がマルチ商法にハマり人生と家族を壊されたことがキッカケ…

\「コントが始まる」最新話から全話見放題!/
2週間無料はボタンをタッチ↓

 

コントが始まるのロケ地撮影場所はこちらの記事をどうぞ↓

[jin_icon_arrowdouble]コントが始まる ロケ地撮影地!ラーメン屋やファミレスはどこ?おゆみ野で撮影も

スポンサーリンク

コントが始まる 3話 感想と考察

コントが始まる 3話 をみた感想と考察ネタバレ込みで紹介していきます。

かなり主観的・個人の意見ですのでご了承願います(。-∀-)

コントが始まる 3話 にて2つのキーポイントにそって解説していきますね♪

  1. 里穂子の辛い過去(退職)
  2. 春斗の兄が引きこもりになった理由

コントが始まる 3話 ネタバレ感想&考察1:里穂子の辛い過去(退職と結婚)

里穂子に彼氏がいて、彼氏と結婚の話まで進んでいたけれど、結婚直前になって「◎◎さんと結婚するから」といって別れました。

これは、里穂子が彼氏に利用されていたのでしょうか?

それとも、里穂子がちょっと鈍感で気づかなかっただけでしょうか?

 

私は前者だと思いました。(鈍感なところも確かにあるから利用される)

 

彼氏と思っていた人は自分が勝手に彼氏だと思いこんでいただけで、彼の彼女との結婚するにあたっての段取りをただ単に相談されていただけというオチでした。

 

里穂子はこう、まっすぐ見たら周りが見えなくなるのでしょう。

一生懸命なところをうまい具合に利用される都合の良い女だったんです。

 

けどね、

里穂子には里穂子なりにちゃんと理解してくれる人が現れますよ!!

マクベスのメンバーだったらいいな^^

 

そして、退職においこまれたことも同じなんです。

違う部署を手伝うといって、人のいい里穂子は社員たちに利用されたんですね、これは完全に。

人の弱みにつけこんだ、悪~い社員たち。これは完全に卑怯ですし、これを見て見ぬ振りした上司はマネージメントできてなくて最低だなと思いました!!

もう復活もできないほど追い込まれてクタクタにされてしまったんですね。

人が良すぎるんです、里穂子ちゃん(T_T)

誰かにギュッと守ってもらえたらいいのにね。

コントが始まる 3話 ネタバレ感想&考察2:春斗の兄が引きこもりになった理由

これはドラマの中で説明していましね。

兄はマルチ商法に引っかかったわけです。

頭もよく弟思いの優秀な兄がですよ。

上を目指そうと思ったんでしょうね。優秀だからこそ何かに傷ついても家族や誰かを頼ることができず、おかしな神様や水に頼ってしまった。

「奇跡の水」があれば何もかもうまくいくよ、と。

兄は仕事も家族も全て失いました。

でも春斗がずっと気にかけてあげていた。お兄ちゃんのせいでマクベスをやめるんじゃないよ、としっかり伝えることで、お兄さんは引きこもりから脱出する気持ちに切り替わってました。

めちゃくちゃ感動です。

春斗の兄への思いがすごく泣けてきました!

コントが始まる 3話 評判は?

SNS上での感想を集めてみました。

長男として頑張る道を選んだお兄さん、家族も仕事も失って弟のために引き込もりから立ち直るって凄い体力いると思う。きっと自分の中でその引きこもり自体が無理って思ったのかもね。湯船に浸かるシーンが印象てきだったな

たしかに潤平が臭い足を洗ってきましたよね。

“本当にそう思った(´·ω·`)お兄さんの浸かっていたお湯が奇跡の水です。

深い、深い。シェイクスピアのマクベス。それに奇跡の水は涙でもありますね!
スポンサーリンク

コントが始まる 3話 ネタバレ 感想|まとめ

コントが始まる 3話のネタバレ感想&考察でした!

  1. 里穂子の辛い過去(退職)
  2. 春斗の兄が引きこもりになった理由

でした!

ドラマ3回目にしても泣かされました( ´ ▽ ` )ノ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

\「コントが始まる」最新話から全話見放題!/
2週間無料はボタンをタッチ↓

 

スポンサーリンク