お役立ち情報

フルスピードで走るのが俺の人生だったの元ネタは?意味を調査!

フルスピードで走るのが俺の人生だったの元ネタは?意味を調査!
スポンサーリンク

YouTubeのコメント欄でよく見かける「フルスピードで走るのが俺の人生だった」というフレーズ。

うさ
うさ
いったいこの言葉は何のか、どういう意味があって使われているのか、元ネタは何なのか、気になりますよね?

そこで今回は、

  • フルスピードで走るのが俺の人生だった」とは何?
  • フルスピードで走るのが俺の人生だったの元ネタは?
  • このフレーズはどういう意味?
  • このフレーズの使い方は?

など、流行りのYouTuberコメントについてリサーチしましたので、どうぞご覧ください!

スポンサーリンク

フルスピードで走るのが俺の人生だったの元ネタは?

※クリックすると楽天市場に飛びます。

 

「フルスピードで走るのが俺の人生だった」とは何なのでしょうか?

 

結論から言いますと、

この言葉の元ネタはアメリカの映画、「ワイルド・スピード SKY MISSION」の感動のシーンで、日本語吹き替え版で言われたセリフからきています。

ちなみに、「ワイルド・スピード」の7作目にあたる作品となっています。

うさ
うさ
日本では2015年4月に公開された映画

問題のシーンはこちらのYouTubeの1:43あたりから始まっています。

ワイルド・スピードのあのセリフの場面はこちら

スポンサーリンク

フルスピードで走るのが俺の人生だったの意味とは?


※クリックすると楽天市場に飛びます。

 

フルスピードで走るのが俺の人生だったの意味ですが、

まず英語でどの様に言われているのか見てみましょう。

 

実際に英語ではどのようなセリフだったかというと、

Hey, thought you could leave without saying goodbye?

I used to say I lived my life a quarter mile at a time.

And I think that’s why we were brothers.

とセリフでは言われており、

そもそも英語の言い回し的には「mile a minute」=猛烈なスピードで、という意味で、

「live mile a minute」で凄い速さで将来のことを考えないで、生き急ぐ

というような意味があり、ネイティブの間ではよく使われるそうです。

こちらのこの台詞の「I lived my life a quarter mile」は、主人公ドムの独特の言い回しが混ざっているようで

日本語吹き替えの翻訳家の方が「フルスピードで走るのが俺の人生だった」、

つまり、

無我夢中で必死になって生きてきたということと、車のスピード自体も上げて早いスピードで運転する人生が多かった

という意味をかけ合わせているように思われます。

吹き替えの方は、直訳しないでうまい具合に話の流れから意訳をしたものと考えられます。

スポンサーリンク

フルスピードで走るの使い方は?

では、この映画の有名なセリフ「フルスピードで走るのが俺の人生だった」はどのように使われており、どのように使うのでしょうか?

このフレーズが使われだしたきっかけは、ある交通事故のニュースに対してのコメントがきっかけだったようです。

それがいつの間にかに、交通事故や車とは関係ない事柄に対しても使われるようになり、

とりあえず書いておけ、という感じで使われるようになったそうですね!

うさ
うさ
一種のインターネット・ミーム(SNSによってコピーされて広がるユーモラスな画像、ビデオ、文章のこと)として広まった言葉です!

どのように使われているのか見てみたところ、

YouTubeやYahooコメントで交通事故やウクライナの動画に対して、

このようなコメントを意味もなく使われているようでした。

 

そして、これらのコメント対して、

『フルスピードで走るのが俺の人生だった』
↑この様な系統のコメントをスパム報告する運動をしています。ご協力頂ける方はコメントを見つけ次第スパム報告をよろしくお願いします。

というようなネット民の間で取り締まり・報告活動が出てきているようで、

あまり見かけることがなくなりました。

うさ
うさ
確かに、事故や戦争の内容にこのフレーズをコメントとして使うのは不謹慎すぎますよねー

またSNS等でも、

のように違和感を感じている人が増えてきているようで、

きっとこのままブームも過ぎ去り、

この言葉自体使うことが恥ずかしくなってなくなってしまいそうですね・・・。

スポンサーリンク

まとめ

フルスピードで走るのが俺の人生だったの元ネタは?意味について紹介してきました!

  • アメリカの映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の日本語吹き替え版から来ているセリフの一部
  • 実際の映画の意味は「無我夢中で必死になって生きてきたということと、車のスピード自体も上げて早いスピードで運転する人生が多かった」という意訳なのでは?
  • YahooコメントやYouTubeでむやみやたらに、意味もなく使われだしてる
  • 最近では規制する人も

という内容でした!

以前一時期流行って廃れたと思った言葉でしたが、また再び最近のウクライナ情勢で使われるようになったミーム。

歴史は繰り返されるではありませんが、同じことが繰り返される・・・ということを実感した内容でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク