スポーツ

河辺愛菜の父母の職業が凄い!祖父は経営者でお金持ち?【画像あり】

河辺愛菜の父母の職業は?祖父は経営者でお金持ち?【画像あり】
スポンサーリンク

北京オリンピックのフィギュアスケート日本代表の河辺愛菜(かわべまな)さん。

17歳の女子高生で初めての五輪出場ですが、トリプルアクセル等大技の成功がメダル取得の鍵となっています。

またXジャパンのYOSHIKIが作った「Miracle」でフリーを踊ることで話題になっていますよね!

そんな河辺愛菜さん、同じ名古屋出身の浅田真央さんに憧れて6歳から本格的にスケートをスタートした河辺愛菜さん。

様々な国際大会で優勝されている実力者でもありますが、そんな河辺愛菜さんを支える家族(父母)も、なかなか大変だと思います。

ということで、今回は

河辺愛菜さんを支えている父母、お父さんやお母さんの職業

お金持ちだという噂の祖父

弟さんや家族構成

あたりについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

河辺愛菜の父母の職業が凄い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mana.Kawabe(@mana.kawabe)がシェアした投稿

河辺愛菜さんをサポートし続ける、父親と母親の職業をリサーチしてみました。

河辺愛菜の父さんの職業は?

河辺愛菜さんのお父様は、海外勤務を含むような仕事をされていらっしゃるようです。

祖父である河辺清司さんのブログには、

10年前にドイツに行って以来久しぶりに息子の勤務するマレーシアとカンボジアのアンコールワットに行ってきました。

引用:青木塾ブログ

と記載されており、その日付が2015年2月の投稿となっていました。

このときはマレーシアで働いていらっしゃったようですね!

 

これを察するに、世界を股にかけて仕事をされている商社マンあたりなのかな?

と予想しています。

娘の河辺愛菜さんのスケートのために、2018年春、一人地元名古屋に残り、妻と娘と息子を大阪に住まわせていらっしゃるお父さん…。

 

一人寂しい生活をしても子どもたちのために凄い生活をされていらっしゃるんですね。

 

こんな二重生活もガスや水道電気代家賃などのインフラの費用代もお金もかかりますが、なんといってもフィギュアスケートそのものにもお金がかかってきます。

たとえ木下グループのアカデミー生だから費用を援助してもらえるとはいえ、諸々お金はかかってくると思われます。

 

お父様の仕事と予想している、大手総合商社マンの年収平均は1330万円と言われていますが、

比較的、裕福なお父さんの仕事があるからこそ、河辺愛菜さんはお母さんとコーチのもとで安心して練習ができるのではないでしょうか。

【画像あり】河辺愛菜のお母さんの職業は?

河辺愛菜さんのお母さんは、2018年に娘のスケートのために一緒に夫を名古屋に残し、息子を連れて大阪に移住して娘の河辺愛菜さんをサポートてしていらっしゃるという情報がありました。

 

愛菜さんのオリンピックのために二人三脚で毎日厳しい練習に打ち込んでたということですから、

お母さんは愛菜さんにつきっきりでフィギュアの練習を指導していらっしゃったようです。

過去にはテレビ愛知で「マナのフィギュア日記 ~13歳の選択肢~」という13歳の愛菜さんを特集したテレビ番組がありました。

そんなお母さんの愛菜さんを見つめる画像はこちらです。

 

おそらく愛菜さんにつきっきりで練習に付き添っていた、愛菜さんのために夫を残して関西で二重生活をしていたということを考えると、

専業主婦だった可能性が高いのかな?と感じました。

とはいえ、主婦とはいえ大変な仕事です。

こんなオリンピックを目指す娘を支えサポートするお母さんも立派な仕事ですね!

【顔イラスト】河辺愛菜の祖父は経営者で金持ち?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mana.Kawabe(@mana.kawabe)がシェアした投稿

河辺愛菜さんの祖父は「河辺清司」という方です。

お顔のイラストはこちらをタップして見てみてください。

 

定年で仕事を退職するまでは、証券会社系ベンチャーキャピタルで数多くの国内のベンチャービジネスの発掘育成をして実績を上げてきたそうです。

つまり、これから目が出てきて売れそうだなというベンチャー企業にお金を投資して、リターンを得ていく、というようなお仕事ですよね。

そんな河辺清司さんは後に、同族会社の青木源四郎さんと共に中小企業の経営者の相談を受ける「青木塾」を開催し、

ビジネス交流会で中小企業の経営者たちをサポートしてきたそうです。

つまり、経営コンサルタントというお仕事をされてきたのではないでしょうか。

 

そんな河辺清司は「カワベ市場開発」の代表をつとめているだけでなく、

一般財団法人社会保険協会の理事としても名を連ねており、令和5年6月までの任期もあるようですよ。

一般財団法人社会保険協会とは、健康保険や厚生年金保険、船員保険及び国民年金などの社会保険に関わる仕事をしているところです。

カワベ市場開発の所在地も、横浜市青葉区の高級住宅地内になっていました。

 

これだけ肩書も凄くて、社会保険やベンチャーキャピタルなどに詳しいということで、河辺愛菜の祖父河辺清司さんが、金持ちと言われる所以かもしれませんね。

 

これだけ強いバックボーンがある河辺愛菜さんは安心してフィギュアに打ち込めるのではないでしょうか。

河辺清司さんのブログでも孫の河辺愛菜さんを応援する内容が多く、非常に気にかけていらっしゃるようでした。

スポンサーリンク

河辺愛菜の弟や家族構成

河辺愛菜さんには弟さんもいらっしゃるようで、

家族構成的には父、母、弟の4人家族でいっしゃるようです。

河辺愛菜さんの弟

そんな弟さんは河辺愛菜とは5歳離れているという噂があり、今現在は12歳の小学6年生または中学1年生?

ということで、とても可愛い年頃の弟さんがいらっしゃるようです!

そんな弟さんもフィギュアやってるのか河辺愛菜さんのインスタ等調べてみましたが、フィギュアをしている姿も映っているところがなく、

弟さんはもしかしたらフィギュアをやっていないようですね。

母弟と共にフィギュアのために京都へ

中学1年生の終わりには、もっともっと本格的にフィギュアに力をいれるため、

濱田美栄コーチ(紀平梨花選手や宮原知子選手を育ててきたコーチ)に教わるために、地元名古屋を離れて、京都を拠点にしたようです。

お父さんは仕事があるため、一人名古屋に残ったようですね。

そしてそのかいもあって、2019年の全日本フィギュアスケートジュニア選手権で、トリプルアクセルを試合で初めて成功させて優勝されましたよね。

木下グループのアカデミー生なので、レッスン料などの費用はサポートしてもらえるとはいえ、

世界で戦うためにはスケート選手の命といってもいいくらい大切な「スケート靴」や遠征費など色々費用がかかるようです。

いくら一生懸命お父さんが働いたって、お祖父様が裕福な方でいらっしゃても

サポートするのはなかなか大変なことだと思います。

 

そのためなのか、河辺愛菜さんはクラウドファンディングで資金を集めていたのもうなずけます。

こちらの資金も目標額の200万を達成したことですし、そのお金で作ったスケート靴で北京オリンピックに臨まれているのでしょうか^^

スポンサーリンク

まとめ|河辺愛菜の父母の職業が凄い!祖父は経営者でお金持ち?【画像あり】

河辺愛菜さんの家族についてリサーチした内容を紹介してきました。

  • 河辺愛菜さんのお父さんは商社マン?
  • お母さんは練習につきっきりな専業主婦
  • 5歳離れた弟もいる
  • 母弟愛菜さんと3人でスケートのために関西へ移住
  • 祖父はベンチャーキャピタル等実績のある経営コンサルタント

ということでした。

フィギュアスケートって本当にお金がかかるんですね。

まずフギュアのスケート靴に既製品であっても8万~10万前後しますし、それにブレードをつけて9万円前後。

靴だって何足も履きつぶすほど練習するだろうし、海外の大会にいく遠征費用もばかにならないと思います。

それらをサポートするお父さんお母さんは経済的にも体力的にも本当に大変でしょうし、家族一眼となって娘の愛菜さんさんを支えてきたのでしょう。

メダルを勝ち取るには大技が必須だと言われています。

今回はXジャパンのYOSHIKIさんが作った「Miracle」をフリー曲で踊るようですし、

ぜひなんとしてでも、奇跡(Miracle)を起こしてメダルを勝ち取ってほしいですね!

スポンサーリンク