ドラマ

真犯人フラグ二宮の姉はなぜ殺された?真帆への復讐が目的か?

真犯人フラグ二宮の姉はなぜ殺された?真帆への復讐が目的か?
スポンサーリンク

真犯人フラグ17話の終わりで、二宮瑞穂(芳根京子)がいつも聞いているカセットテープは何なのか?相良陵介(西島秀俊)は尋ねていました。

二宮は落語だと答え、声の持ち主は姉で、「姉は殺された」と冷たい眼差しで相良陵介に答えていたシーン。

まさかここで姉が殺されたことを相良に告白するとは思いませんでしたよね。

ではなぜ二宮の姉は殺されたのでしょうか?

相良への協力は全て復讐のためなのでしょうか?

SNSをリサーチし、二宮の姉が亡くなった(殺された)理由と二宮の真の目的は復讐なのか?についての考察を紹介します。

スポンサーリンク

真犯人フラグ二宮の姉はなぜ殺された?

二宮瑞穂の姉はなぜ殺されたのでしょうか?

大学で落語研究会(落研)に入っており、落ち込んでいる妹を練習台にしてよく落語をしていたという明るく、気丈なお姉さんだったようですね。

そこでネットの声を見てみました。

SNSを見てみると、二宮の姉が殺されたのは、

 

林(深水元基)が当時、二宮の姉と付き合っていたが、同窓会で久しぶりに出会った真帆(宮沢りえ)と付き合いたいために、

別れさせ屋の強羅(上島竜兵)を使って、二宮の姉に手を引くように仕向けたのではないか?

いうことです。

 

そのため、心を病んで自ら命を絶ったため、二宮はそれを「林に殺された」と考えている、 という説が多数見受けられました。

つまり、考察の結論としては、林が二宮の姉と別れたかったからということになります。

 

強羅も二宮と相良が車を突き止めるために走っている時、強羅は車の中から二宮をみて

「やっぱり、あの子か」と発言しています。

つまり、強羅は二宮と過去に関係があった、イコール二宮の姉を知っている=別れさせているということにもなるでしょう。

 

また違ったこんな意見も見られました。

殺された=亀やん急便のトラックによって不慮の死を遂げた二宮の姉。

そして、大阪に単身赴任していた相良陵介がクレーム対応をし、

実は相良陵介をよく思っていない・・・

最後の陵介の心当たりがあるような顔が気になりますよね!?

 

相良陵介は二宮の姉が殺されたと聞いて、何かに気づいた顔をするのです。

何か知っている=過去大阪にいた時なにかがあった、ということでしょう。

 

姉は誰に殺されたのか、それ次第で二宮の本当の目的が分かってきそうですね・・・。

真犯人フラグ真帆への復讐が二宮の目的?

それでは何のために、二宮瑞穂は相良陵介の家族失踪の手伝いをしているのでしょうか?

ただ単に相良陵介が好きだから、だけでしょうか?

SNSの口コミを見て考えられる二宮の目的は、

  1. 姉を死に追い込んだ林と真帆に復讐するために、林を殺し、亀やん急便に入社して相良陵介に近づき、恨んでいた真帆失踪させる
  2. 姉が亡くなったことに絡んでいるのが亀やん急便のクレーム対応をした相良にあり、相良を苦しめるために真帆を失踪させた
  3. 姉を死なせてしまった同じ過ちを繰り返さないために、相良を守ろうとしている

など考えられているようです。

 

相良に向かって二宮が「姉が殺された」、と言った時の二宮の冷たい目は、決して好きな人に見せる目ではないところが非常にきになるところであり、

上であげた考察2はこちらから考えられる証拠となります。

相良を好きになった・・・というのは実は見せかけで、本当は復讐のためなのかもしれませんよね。

 

もしくは自分の対応が間違っていたことで姉は亡くなり、同じ過ちを繰り返さないために相良を守ろうとしているかもしれません。

とくに3つ目の「同じ過ちを繰り返さないために」というのは、猫おばさんが二宮にかけた言葉が証拠となります。

同じ過ちが、何なのか、

  • 姉に辛辣な言葉をかけたことで姉が自死を選んでしまった
  • 過去に復讐をしたことがある

どちらなのでしょうか。

いずれにせよ妻が失踪し、世間から叩かれ気落ちしている相良更に窮地に追いやらないように、相良を守ろうとすると考えてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

真犯人フラグ二宮の姉はなぜ殺された?真帆への復讐が目的か?について紹介してきました。

姉はなぜ殺されたのか?という考察ですが、

  • 林と過去に付き合っていたが、林は真帆を見かけた時に強羅に頼んで二宮の姉と分かれるように手配し、ショックを受けた姉は自ら亡くなったため、二宮は殺されたという言い方をしている
  • 過去に亀やん急便のトラックに二宮の姉が轢かれて、そのクレーム対応したのが相良であり、相良に恨みを持っている

という内容でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク