テレビ

菊池洋(にしき食品社長)の経歴や学歴は?無印カルディのカレー実績を上げた功労者!

菊池洋(にしき食品社長)の経歴や学歴は?無印カルディのカレー実績を上げた功労者!
スポンサーリンク

にしき食品をご存知でしょうか?

無印良品のバターチキンカレーやグリーンカレー等、大人気の無印良品のレトルトカレーを作っている会社がにしき食品です。

コロナ渦でレトルト食品の需要が高まる中、業者用をやめ小売レトルトにカジを切った、にしき食品ので経営手腕を発揮している、社長兼会長の菊池洋さん。直近の売上は69億円にもなるそうですが、

そんな菊池洋社長の経歴に注目が集まっていますよね!

そんな菊池洋社長の経歴や学歴は?

無印良品やカルディーとのタッグを組んだ経緯は?

オリジナルブランド「NISHIKIYA KICHEN」はどこで変える?通販は?

….このあたりについて紹介していきます。

スポンサーリンク

菊池洋(にしき食品社長)の学歴プロフィールは?

無印のカレーで一躍有名になり、自由が丘にもレトルト食品のお店をだしているにしき食品。

3代目社長の菊池洋社長兼会長の手腕が素晴らしいことで、右肩上がりの会社となっています。

そんな菊池洋さんの学歴プロフィールについてまとめてみました。

にしき食品菊池洋社長兼会長の学歴
  • 名前:菊池 洋
  • 役職:社長兼会長(3代目社長)
  • 年齢:73歳
  • 生年月日:1949年(月日不明)
  • 最終学歴:山形大学工学部

 

菊池洋社長の最終学歴は山形大学工学部ということでした。

YouTube動画で社長の話を聞いていると、やはり東北訛りがある方なんで、出身地も山形県か東北出身かもしれませんね!

菊池さんは一社員からにしき食品に就職し、社長だけでなく会長にまで上り詰めた、素晴らしい方です。

そんな菊池社長の経歴について見ていきましょう。

菊池洋(にしき食品社長)の経歴

菊池洋さんの経歴を見ていきましょう。

経歴
  • 凸版印刷株式会社東北事業部 レトルト包材の販売担当
  • 1981年株式会社西木食品(現在のにしき食品)に入社
  • 1988年にしき食品の常務取締役就任
  • 1991年にしき食品 代表取締役社長 就任
  • 2016年にしき食品 代表取締役会長兼社長 就任

それではどういった経緯で菊池洋会長兼社長がレトルトに関わり、にしき食品で携わるようになっていったのか紹介します。

にしき食品がレトルトを始めたきっかけ

もともと、にしき食品は佃煮をつくっていましたが、時代的に佃煮が売れなくなっていました。

それというのも、当時は「減塩減糖」の時代に入ってきていたという背景があります。

佃煮が下火になってくる中で、当時の2代目の社長が「糖分を抜かないと佃煮も売れない」、ということで、糖分を抜くようにしましたが、

そうすることで、佃煮が腐敗していったそうです。

それなら、殺菌しようかなということで、にしき食品(旧:西木食品)はレトルトを始めたということです。

菊池洋さんがレトルトに関わる経緯

1969年、大手の大塚のボンカレーが全国で発売しました。

なぜボンカレーができたかというと、レトルトパウチができたからであり、

それまでは缶詰しかありませんでした。

日本全国でレトルトが出たというのは、パウチが開発されてできたおかげ背景があります。

当初発売したパウチはただの透明でしたが、そこに内側にアルミをはって遮光性をもたせて
作ったのが印刷会社。

今後このレトルトが伸びるということで、大手の印刷会社がレトルト開発に乗り出し、

菊池さんが大学を卒業し、新卒で凸版印刷に入社してレトルトの担当になり研修を受けたことがきっかけで、レトルトの販売担当になったそうです。

レトルトの黎明期を知っている方なんですね。

当時、レトルト商品開発がうまく行っていなかったにしき商品の社長兼会長に、レトルト釜(レトルト殺菌装置)売りに行ったのがきっかけで声がかかり、

菊池洋さんは当時の株式会社西木食品に、1981年に転職することになるということです。

菊池さんによれば、殺菌すれば何でもいいというものではない、と言っていました。

大手が市場にレトルト食品を市場に出して、10年。

それから乗り遅れたにしきは仕方無しに業務用からレトルト食品製造販売を始めたそうです。

菊池さんが転職して1年後、にしき食品は佃煮製造をやめ、それ以降レトルト食品一筋で着実に実績を重ねて今に至るといういことです。

にしき食品 無添加レトルトの功績

大手企業は材料が安く済む、香料・着色料・添加物等を使ってレトルトを作っていました。

にしき食品側としてはそこに風穴を開けたたくて、無添加のレトルト開発に書けたということです。

そして、菊池さんは、全部自然なものを使うことを決め、水ならば全部「塩素」を抜いたそうです。

なぜなら塩素は野菜のビタミンを全部もっていってしまうからです。

そして塩にもこだわり、普通の塩を使うとミネラルが入っていない塩になるので、にしき食品のレトルトは海の水に近いミネラルのたくさん入った塩を使っています。

 

今の子供達はミネラルとビタミン不足でアトピーなどになっている子どもたちが多いということで(社長談)

子どもたち用のレトルト食品(中華丼、ハンバーグ、ビーフカレー)など、みんな体に優しく美味しい無添加レトルトで出てきています。

化学調味料、香料、などをつかわないということはそれだけ材料に手間もコストがかかります。

しかし、にしき食品は「無添加ありき」ではないと言っていました。

おいしいものを作ろうとすると無添加になり、無添加にすると、いわゆる「レトルト臭」がしないということで、

にしき食品のレトルト臭はしないと言っていました。

インドカレーやハラールのレトルト開発

いいものを作りたい、そういうことで、インドカレーも社員が毎年渡印し、全国回って
インドでカレーを食べてレシピ作っているそうです。

また、イスラム教徒は日本だと食べるものがないということで、「ハラールのレトルト」をにしき食品として作っていらっしゃいます。

そのハラールのレトルトもマレーシアのクアラランプールの現地の工場に何度も行き、現地の材料と工場で作ったもので、これらも無添加のレトルトになっています。

スポンサーリンク

にしき食品と無印良品やカルディとタッグ

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAKETO(@taketo.y28)がシェアした投稿

上で記したように、インドカレーやハラールレトルトなど、

そういったにしき食品のこだわりの追求が認められ、無印良品はにしき食品をパートナーに選んだようですね。

無印のカレーは約40種類以上あり、「プーパッポン」など聞き慣れないけれど、タイやインドなどの本格的なカレーを食べることができます。

今や無印良品は全国に1000店舗以上の店舗展開をしており、無印とタッグを組んだことで、にしき食品の売上の増大となりました!

今は無印だけでなく、カルディさんのカレー「ジンジャーとスパイスのチキンカレー」や「ビーフカリー」など、

通なカレーを製造されていますよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

カルディ大好き♡(@lovekaldi)がシェアした投稿

 

また、にしき食品オリジナルブランド、「NISHIKIYA KITCHEN」があり、

そのオリジナルブランド、「NISHIKIYA KITCHEN」商品はどこで買えるのか?を紹介しますね。

スポンサーリンク

にしき食品オリジナルブランド「NISHIKIYA KITCHEN」どこで買えるの?通販は?

「NISHIKIYA KITCHEN」はカレーだけでも10種類、その他にスープ、おかゆ、パスタソースなど約90種類もの商品が出されています。

「NISHIKIYA KITCHEN」は今現在、直営店を5つ持っており、

  1. 本店:宮城県岩沼市
  2. ララガーデン長町店
  3. 岩沼店
  4. 仙台パルコ店
  5. 自由が丘店

の5店舗になります。

また岩沼店は、初のイートインができる店舗で、6席あるイートイン席でレトルトカレーやスープなどが食べることができます!

この5店舗だけでなく、全国の百貨店の催事でも買うことができたりします。

※日時と場所はその都度代り、2022年1月現在、東京駅グランスタ、西武池袋、川西阪急、仙台空港期間限定ショップで販売しています。

また、公式オンライショップのネット通販でも「NISHIKIYA KITCHEN」のレトルトカレーなどが買うことができます。

大人気のレモンクリームチキンカリーは400円で、おしゃれなだけでなく本当に美味しい(*´艸`*)

また公式オンラインショップは税込み6000円以上で送料無料となりますが、

楽天で買うと送料無料で買えますよ!

スポンサーリンク

まとめ

菊池洋(にしき食品社長)の経歴や学歴は?無印のカレー実績をあげた功労者!についてまとめてみました。

菊池社長はレトルト開発から小売への転換もはかった功労者でいらっしゃるんですね。

レトルトカレーは山登りでも持っていって温めて食べることができるし、災害非常食としてもおいておけるから本当に便利ですので、

ぜひこの菊池社長のにしき食品のレトルトカレーを常備しておくのもおすすめですね!

以上、菊池洋社長兼会長の経歴についてでした。

スポンサーリンク