お役立ち情報

新社会人で朝起きれない人必見!起きられるようになる3つの方法

新社会人で朝起きれない人必見!起きられるようになる3つの方法
スポンサーリンク

毎年4月1日から新社会人が会社勤めをスタートする大事な日ですよね!

今までの学生生活のダラダラした夜ふかしの生活を続けていると、いつ何時遅刻して会社に迷惑をかけたり、恥ずかしい思いをすることいなりかねません。

とはいえ、

朝起きられない人はスマホのアラームでスヌーズ機能を何重にかけたってなかなか起きられたりしないですよね?

そこで今回は、新社会人で朝起きられない方でスマホアラームや目覚まし時計でも起きられない方のために、何がなんでお起きられる3つの方法をご紹介します!

あとは辛くてもそこは耐えて、リズムさえつかめば、なんとか乗り切れるようになりますよ!

スポンサーリンク

新社会人で朝起きれない理由は?

新社会人で朝起きれない人必見!起きれるようになる3つの方法

今、朝早起きることがでいない人は、学生生活で身についた夜ふかしの習慣のせいで、なかなか朝早起きができない原因になっているのではないでしょうか。

また若い人は体力があるため、夜パタッと寝ることがなく、夜ふかしもガンガンできる体力があるので、ついつい夜遅くまでテレビを見たりネットを見たり、漫画を読んだりしてしまうんですよね。

さらに、絶対やらなくては他人に迷惑がかかる!という社会的責任感が少ないどころかまだまだ生まれていないため、

ついつい夜ふかしして寝過ごしてしまったり…とかあるかもしれませんね。

 

新社会人が朝起きれないために起こりうるリスクを考えてみて下さい。

  • 基本的な事もできず会社もクビにもなりかねない
  • クライアントとの会議やアポイントメントをすっぽかしてしまう可能性も
  • 自己管理ができてないと思われ恥ずかしい
  • 遅刻して会社に行く時が恥ずかしすぎる

過去に聞いた話ですが、朝の11時に取引先で打ち合わせがある予定だったのに、起きたのがなんと会社の人からの電話で、既に11時5分という時間。

寝坊しましたということもできず、泣きながら取引先についたのが予定より1時間以上過ぎた時でした。

こんな怖い話は現実にありえるのです。

絶対に朝起きるしかありません。

今のうちから、朝何があっても起きることができるように、対策をうっておきたいところですね!

スポンサーリンク

新社会人で朝起きれない人が起きれるようになる3つの方法

新社会人で朝起きれない人必見!起きれるようになる3つの方法

今まで何を使って朝、起きていましたか?

スマホのアラームや目覚まし時計を使って起きていた方が多いのではないでしょうか?

もしくは、実家のお母さんや兄弟姉妹、友人に頼んで電話して起こしてもらっていたとかではないでしょうか?

流石に両親や他人に電話して起こしてもらうのはいつまで続くかわからないですし、いつまでも甘えているわけには行かないですよね?

そしてどうしてもスマホのアラーム機能だけじゃ、鳴ったのに気が付かないで爆睡していたり、一度消したのに二度寝してしまって遅刻してしまったり・・・などもあるでしょう。

今回はそうならないよう、何が何でも起きる方法を3つご紹介します。

入浴と食事の順番を変える

まずはモノで解消する前にこちらで対応してみましょう。

夜ふかしする方は、入浴やシャワーの時間が夜遅かったり朝だったりしませんか?

そこで順番を変えます。

  1. まずお風呂に入る
  2. 夕食を食べる
  3. 寝る

この順番です。

夕食を食べると血糖値が上がり、胃に血液があつまってきて眠くなります。

この血糖値があがってきたウトウトとした眠気を利用して、そのまま寝てしまうことです。

夕食後にお風呂だとどうしても目が冴えてしまったり、面倒だったりするので

慣れるまではお風呂自体が面倒ですが、意外とのこの順番にすると自然と眠くなっって早めになることができるようになります。

まずは夜ふかしを改善して、6~7時間以上眠れるようになるとすっきり朝起きられるようになってくるのではないでしょうか。

 

また、土日などの週末や仕事のない日は、長い時間寝溜めしないようにしましょう。

せいぜい、いつも時間より+1~2時間までならOKとされているので、その時間で抑えるように頑張ってみて下さい。

めんどくさい「アラームアプリ」を使う

そして次に朝目覚める時に使える、めんどくさいアラームアプリ、

「おこしてME」

です。

このアプリはただ単にアラームを鳴らして起こしてくれるのではなく、ミッションをクリアしないとアラームが止まらない仕組みになっています。

 

そのミッションといのが、

  1. スクワット(有料)
  2. 書き取り(有料)
  3. ウォーキング(有料)
  4. ふるふる
  5. 写真
  6. 数学問題
  7. バーコード/QRコードモード
  8. メモリーゲーム

と9つから選べます。

新社会人で朝起きれない人必見!起きれるようになる3つの方法

ちなみに上3つは月額有料会員でないと使えませんが、数学問題や写真でも十分難問なのでトライしてみて下さい。

数学問題もとても簡単な3+4や14+2から、どんどん難易度を上げていくことが可能で、

43+23+34や(162×87)+1878など

暗算などでなかなか厳しいレベルに設定することができます。

 

そしてミッションを写真にすると、自分で最初に決めた「洗面所」や「蛇口」の写真を設定しておきます。

アラームがなったら、同じ角度でOKが出るまで写真を取れないとアラームが止まってくれません。

あまり難しい人の顔の写真にすると….まず難しいのでコップの写真などの設定しておくといいですよ!

これでアナタも二度寝することなく、確実にアラームに起こしてもらうことができますね!

光で起きるアラーム時計を使う

アプリのアラームを使っても、二度寝してしまったら意味がないですし、

そもそもアラームの音に気が付かない方もいらっしゃいます

 

そんな方のためオススメなのが「光」で起きる方法です。

 

誰かがカーテンを明けてくれるわけではないのに、

顔を明るく照らして目が覚める環境にしてくれ+アラームがなるという光目覚まし時計というものがあります。

そもそも、なぜ光で起きるのか?という光時計のメリットですが、

光時計で起きるメリット
  1. 睡眠ホルモンのメラトニンを抑えてスッキリ起きるられる
  2. 太陽の光を浴びると出るというセロトニンの分泌を促す
  3. あまりにうるさい大きな音の目覚ましだとストレス
  4. 明るい光により体内時計が整いやすくなる

というメリットがあるようです。

その幸せのホルモン「セロトニン」を活性化させるためには、明るい日中の室内と同程度の2500~3000ルクスの明るさが必要だと言われています。

とはいえ、

実際にその明るさがなくて2500ルクス以下の光をあびたとしても、明るいと感じることで眠りのホルモン「メラトニン」の分泌量は減っていくそうなので効果はあるようですよ。

 

この際に、朝からしっかり光を浴びる生活にし、朝起きれない習慣や癖をなおしていきましょう。

そこでおすすめなな光目覚まし時計を2つ紹介します。

眠る赤い光+起きる白い光の「トトノエライト」



この光時計はなんと目が覚める「白い光」と眠くなるためのメラトニンの分泌を促す「赤い光」の両方照射することができます。

  • 寝る前に→赤い光を浴びて寝る(眠る環境を作る夕焼けと同じ光)
  • 朝起きる時→白い光(最大20000ルクス、30cm離れた距離で3300ルクス相当)

この2つの光で睡眠環境を整えることができるというスグレモノ。

特に夜遅くまでおきる生活が定着してしまった昼夜逆転の人にはもってこいなのでは?

トトノエライトの詳細を見る

更に明るい光+大音量で目が覚める「インティーフォー」




こちらの光目覚まし時計は、上の「トトノエライト」と同じ会社ムーンムーン株式会社
なのですが、

最大20000ルクスと同じなのですが、20cm離れたところで光を浴びても更に明るい光3300ルクス以上の光を照射してくれるという、すぐれものです。

更に、起きられない寝坊が怖い!という人でも起きられる「大音量アラーム音」も搭載されていてますよ^^

こっちのほうが怖くておきてしまいそうですね!

光と大音量の最強目覚しinti4(インティ フォー)の詳細を見てみる

 

スポンサーリンク

何をやっても朝起きられない場合は?

何をやっても起きられない人がいます。

過去に会社の先輩で、9時出社にも関わらず毎日10時半ごろ寝坊して出社する方がいらっしゃいました。

しまいには、課長が電話で起こす日も。

「アイツは病気だ」

といってしまいには左遷させられてしまいました。

おそらく甘えとではなく、起立性調節障害やうつ病などの心の病、睡眠障害など何か体に病を抱えている可能性が多分にあります。

何をやっても、こんなに努力しても!起きられ方は、ぜひ一度医療機関に相談してみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

新社会人で朝起きれない人必見!起きられるようになる3つの方法を紹介してきました。

  • 夕食、入浴の順番が大事
  • めんどくさい目覚ましアプリを使う
  • 光目覚まし時計を使う

でした。

はじめは寝不足がつ続いたりキツイかもしれませんが、2~3週間も続ければ、びっくりするほど体も順応して朝早起きできるようになりますよ。

土日もできるだけ寝溜めせずに頑張ってみて下さい!

スポンサーリンク