有名人 PR

塩塚モエカの親の職業や年収は?帰国子女で電通女子だった?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

2020年にメジャーデビューしたオルタナティブロックバンド「羊文学」のボーカル&ギターを担当されている塩塚モエカさん。

力強くのびやかで透明感のある歌声が大人気です。

うさ
うさ
塩塚モエカさんのミステリアスな雰囲気にも注目が集まっていますが、親の職業・年収や帰国子女で電通に勤められていた噂等が気になります!

そこで今回は、

  • 塩塚モエカの親の職業や年収は?
  • 塩塚モエカは帰国子女?
  • 塩塚モエカが電通女子だった?

など塩塚モエカさんについてリサーチしましたので、どうぞご覧ください!

スポンサーリンク

塩塚モエカの親の職業や年収は?

塩塚モエカさんの親の職業や年収についてSNSや大手掲示板を調べたところ、断定的な情報は見当たりませんでしたが、

インタビュー記事などで塩塚モエカさんの生い立ちや学歴がわかりましたので、

通われていた学校の学費などから推測してみたいと思います!

職業

塩塚モエカさんのお父様はサラリーマンで、お母様は専業主婦であるWEBちくまの書評で仰っています。

また、次のX(旧Twitter)で紹介されている、WEBマガジン「OIL MAGAZINE」のインタビューで、幼稚園の年長までは親の仕事の都合で茨城や仙台にいたことを話されています。

このことから塩塚モエカさんの親は転勤を伴う職場に勤められていたのではないかと推測されます。

それ以降は現在に至るまで、ご家族揃って東京で生活されているようなので、小学校入学のタイミングで生活の拠点を東京に構えたのかもしれませんね!

年収

塩塚モエカさんの親の年収についてですが、結論から言いますと1,000万円以上ではないかと推測できます。

こちらのインタビューでは塩塚モエカさんの学歴について語っているのですが、

そこで判明したのが、

  • 中高一貫の名門校・女子学院卒業
  • 大学は慶應義塾大学

という、輝かしい学歴をお持ちであるということです!

ねず
ねず
両校とも偏差値が高いことも有名ですので、塩塚モエカさんの学力の高さが証明されますね!

しかし現実的な話をすると、女子学院も慶応義塾大学も私立学校ということで学費はかなりかかります!

調査したところ、中高一貫の私立学校を受験する家庭の世帯年収は1000万円以上が多いとのこと。

慶應義塾大学に関しても同等かそれ以上の年収を持つ家庭の子が多く受験する傾向にあるとのことです!

いずれにせよ、塩塚モエカさんの親は一般世帯より収入のある職業に就いていることは間違いないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

塩塚モエカは帰国子女?

塩塚モエカさんが帰国子女なのかといった噂もあるようですが、こちらに関しても断定的な情報は見つかりませんでした。

なぜそのような噂があるのか探ってみると、

  • 目が大きく鼻筋が通ったハーフのような顔立ちだから
  • 英語の歌詞パートを歌う時の発音がネイティブのようだから

といった理由があるようです。

上の動画は羊文学のmore than words」という今大変話題の曲です。

うさ
うさ
人気テレビアニメのエンディングテーマになったこともあり大ヒットしています!

お顔がわかりやすいよう、YouTubeで人気のパフォーマンス系チャンネル「THE FIRST TAKE」に出演された時の動画を載せましたが、

たしかにハーフと言われてもおかしくないような美人ですし、英語パートの発音もきれいですよね!

ねず
ねず
先ほどご紹介した学歴の高さも帰国子女の噂になった一因かもしれませんよね!
スポンサーリンク

塩塚モエカが電通女子だった?

塩塚モエカさんが電通に勤められていたという噂もありますが、やはりこちらも断定的な情報はありませんでした。

しかし以前ラジオ番組に出演された時に、広告系の会社に就職されていたと話していたようです。

電通といえば東京都港区東新橋にある日本屈指の大手広告会社です。

先ほどもご紹介したWEBマガジン「OIL MAGAZINE」のインタビューで、短期間新橋にある職場に勤めていたと仰っています。

うさ
うさ
新橋にある広告会社ということは、もしかして電通?!

塩塚モエカさんの学歴からして電通に勤めていた可能性はかなり高そうですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

塩塚モエカの親の職業や年収は?帰国子女で電通女子だった?に関して紹介してきました!

  • 塩塚モエカの親の職業や年収は不明であるが、生い立ちや学歴から転勤のある職業で年収1,000万円程の職場で働いている可能性が高い。
  • 塩塚モエカはその美しいビジュアルとネイティブのような英語の発音をすることから帰国子女ではないかと噂されているも真偽のほどは不明。
  • 塩塚モエカは大学卒業後、大手広告会社の電通に就職していた可能性が高い。

という内容でした!

ミステリアスな雰囲気の塩塚モエカさんですが、度々インタビューなどで生い立ちや学歴を含め、これまでのご自身について語られているようすが目につきました。

恐らく親によって俗にいうエリートコースを用意されていたのではないかと感じましたが、「本当にこの道を進むことが自分の幸せなのだろうか」と自問自答しながら青春時代を過ごされたようです。

結局、塩塚モエカさんは親の敷いたレールには乗らず、自分自身で音楽の道へ進むことを決意されたようですが、そのバイタリティと音楽に対する想いの強さに心が揺さぶられました。

羊文学の音楽にはそんな塩塚モエカさんの生き方が反映されているような気がします。

これからの塩塚モエカさんと羊文学にも注目していきたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク